ミノキシジルは女性も使えるのか

発毛効果が期待できるミノキシジルは女性も使えるの!?という疑問について

男性の脱毛症や薄毛の対策に使用される、ミノキシジルは女性の脱毛症や薄毛にも使うことができます。
もちろん、個人差はありますが効果もありますし、男性と使用方法も同じで1日に2回程度、頭皮に塗ることで、有効成分が毛穴などから吸収されて効果を発揮します。

 

使用開始から3ヶ月程度で効果を感じ始めて半年をすぎることには、治療前とはかなり違う印象になります。

しかし、女性の場合、気をつけたいの副作用と配合率です。
女性の場合は1%以上のミノキシジルは使用できないようになっています。また、ミノキシジルを使用する場合はできるだけ医師の管理下のもとで使用してください。

 

1%以上のミノキシジルを使用することによって、副作用のリスクが高まります。

 

副作用の内容としては、血圧の低下や体全体の体毛が濃くなる、痒みや赤みが強くなるなどがあげられます。
血圧の薬を飲んでいるかたや血圧に心配がある方は、医師に相談してください。

 

 

また、脱毛症の症状によっては効果を望めない場合もあります。例えば女性の脱毛に多い瀰漫性脱毛症はピルなどの投薬や過度のヘアケア、ダイエットなどが原因としてあげられますので、その原因を改善しないとミノキシジルを使用しても意味がありません。

 

女性がミノキシジルを使用することは、問題がありませんが、必ず使用方法や容量を守ること、男性用の5%などの配合率が高いものは選ばずに、女性専用の商品を選ぶことを守ってください。

育毛剤は男性なら男性用、女性なら女性用のものを使いましょう。

これは、育毛剤にもいえることです。

 

ミノキシジルが配合されていなくても、男性と女性の薄毛や抜け毛の原因は根本的に違う場合があります。

 

特に、男性ホルモンの影響などが挙げられます。

 

「少し髪のボリューム感が気になってきた」からと言って、旦那さんの育毛剤を使うのはちょっとおすすめできません。
女性には女性の原因がありますから、育毛剤も女性は女性用のものを使うようにしましょう。

 

 

育毛シャンプーでも男性用と女性用とがありますが、育毛シャンプーの場合は洗うだけですからどちらを使っても構いません。

 

因みに、育毛シャンプーの場合は洗浄力が女性用の方がマイルドになっていますから、オイリー体質の女性は逆に男性用の方が良い場合があります。